3/9(土)6年 2019BBカップ卒団記念大会in月読橋

さあ、泣いても笑っても今日と明日の試合で6年生は卒団である。そして私には今日が君たちの試合を見る最後の機会である。多少面倒くさくもあった育成日記も今日が最後だと思うと少々複雑な気分だ。

 

朝から辺り一帯を濃い霧が覆っていてどうなることかと思ったが、試合開始までには消えて、快晴である。なんとかグループリーグを上位で勝ち抜けてほしい。

 

【1試合目】

晴嵐1-3 梅美台

得点者:マッサー

 

試合開始早々危ない場面が続いている。耐えている晴嵐にもコーナーのチャンスがやってくるが、シュートは決まらない。するとその直後カウンターからあっさり先制されてしまう。なんとか盛り返してほしいが、強烈なシュートが晴嵐ゴールを襲う。一度はウタがなんとか弾くも梅美台のこぼれ球への反応が早く2点目を奪われてしまう。

最初バックに入っていたマッサーがポジションを一列上げて中盤へ。これが功を奏したのか、ミズキからのロングフィードにマッサーが抜け出してのゴール。

よし!まだまだこれからだ!と思った矢先、又しても攻守の切り替えが遅くあっさり失点。まさにいつもの晴嵐的?な試合で前半を1-3 で折り返す。

 

後半からリオが入り、前線を走り回る。するとマッサーがドリブルで前線に持ち上がり惜しいシュート。これをきっかけに何度となく攻め続ける晴嵐。前半とは別チームのようだ。マッサーからはタクミ、リオ、クマへと度々スルーパスが!しかし後半一方的に責めたにもかかわらず決めきれず敗戦。

 


【2試合目】

晴嵐2-0朱六

得点者:クマ2

 

予報通り気温も上がってきた。試合の方も是非とも熱い試合が見たい。

 

マッサーのシュートから始まり、押し気味に展開。

1試合目の後半同様マッサーからのスルーパスに右サイドのクマが走る。クマが中央に切れ込み空いたスペースにオーバーラップしたミズキへパスが渡り中へ折り返す。こんな素敵な攻撃を見ることができるなんて。だが得点はスコアレス。

 

後半に入っても晴嵐の勢いは止まらない。マッサーから前線ソウマへのパス。キープしたソウマから右サイドのクマにボールが渡ると右足を振り切り見事なゴール。すると今度はクマとマッサーのワンツーからマッサーのシュート。しかしこれは惜しくも枠を外れる。最後は再びクマ!マッサーからのパスを右足一閃!この試合2点目で点差を拡げる。実にみんな楽しそうにそして自信をもってプレーしているようだ。久しぶりに楽しい試合を見た。もうちょっと得点できたかな。いやまだ2試合ある。


【3試合目】

晴嵐1-1BOLT

得点者:ソウマ

 

2試合目後半から突如河川敷独特の強風が吹きだした。前半は向かい風の中、自陣での展開を強いられる。なんとか攻めに転じるが一瞬の隙をつかれ逆に先制を許してしまう。向かい風の前半はなんとかこのままでもと思っていたところ、マッサーの自陣からのフリーキックをソウマがあわせて前半の内に追いつくことに成功。

 

さあ追い風の後半だ。このまま逆転と行きたいところ。だったのだが・・・。

後半は追い風なのになぜか攻め込まれ危ない場面が連続するが、ウタを中心に必死ゴールを守っている。数少ないチャンスも得点までは至らず、スコアレスでAグループ2位通過。3位決定戦へ。

 


【4試合目】

晴嵐0-0ボルト東山

 

開始からやや押され気味。自陣でボールを持っても素早いプレスをかけられ奪われる展開。なかなか攻め手なく、ボールを運べない。相手のシュートが枠を外れてなんとか助かっている感じ。前半晴嵐シュート無しだったような気がするが。

 

後半に入ってもなかなかシュートまでいけない。危ないシーンもウタのセーブやみんなのブロックでなんとか抑えている。ハラハラドキドキだ!クマの本日3点目かと思う場面もあったが、スコアレスでPK戦へ!

PK戦は晴嵐がハルト、ミズキ、ナスケンがきっちり決め、また守護神ウタのビッグセーブで3-1と制する。よって3位で表彰へ。優秀賞はもちろんウタだ!

 

 明日が本当のラスト。がんばって悔いなく卒団式に臨んでほしい。今まで育成日記では苦言を呈することが多かった。君たちの良いところももっともっと書けばよかったと今更ながら後悔している。でも当然ながら育成のパパママ達は君たちの良いところもわかっているよ。

明日はそれが存分に発揮できるよう私は仏前で手を合わせよう。夜に笑顔で会えるように!ん、PC打ちながら目がちょっと潤んできた。もうこの辺りで止めておこう。

Sコーチ、本日も指導に審判にお疲れさまでした。育成の皆さんもお疲れさまでした。これまであまり協力できず本当に申し訳ございません。

 

みずちち

3/9(土)石山寺杯表彰式

平成30年度石山寺杯の表彰式が石山寺本堂にて行われました。

今年度の結果は6年5位、4年4位、3年4位。4年と3年が入賞し、表彰式に参加しました。

凛とした空気の本堂で、表彰式が行われました。



とてもよいお天気で表彰式の後はみんなで石山寺を散策し、最後に感謝の気持ちを込めて山門前を全員で清掃しました。




監督、いつもご指導ありがとうございます。来年度は各学年、優勝目指してがんばりましょう!


そうた母

3/3(日)4年石山寺杯in石山小


夕方からの1試合

集中してがんばろう❗


晴嵐0-1石山


開始から互角の戦い、本日、最初のシュートは、晴嵐でした。チャンスは、何度かありましたが、得点には至らず、0-0で、前半終了。


後半も集中してミスは、あってもしっかりカバーして晴嵐がやや押しぎみの試合運びのように見えましたが、終盤ファールから、フリーキックを与えてしまい、クリアボールがゴールの中へ、取り返すには時間が足らず、惜しくも負けてしまいました。

集中して守れていただけに残念な結果でしたが、1対1になったとき、簡単には負けない粘りの力がついてきたように感じました。



みんなの頑張る力が育成の励みになっています。

もう少しで新学年、これからもどんな成長を見せてくれるのか楽しみにしています。


Nコーチ、練習から試合へとありがとうございました。

育成の皆さん、1試合は、あっという間でしたね。お疲れさまでした。


はくと母








3/3(日)6年 東近江市長杯(富士見帯同)in永源寺運動公園

【1回戦】

富士見2-0小松北

得点者:富士見3番、ミズキ

前半ほぼ相手のフィールドで試合を進める。

開始早々にチャンスがくるもゴールならず。その後も攻め込み、マッサの絶妙のパスを富士見3番が合わせて先制。

絶妙の位置でフリーキックのチャンスにハヤトが蹴るも、ゴールポストの横に。

マッサからハヤトに絶妙のパスをシュート、キーパーがはじいたところにミズキが詰めて2点目。

後半も富士見ペースで試合が進む、カウンターから危ない場面も有ったが、完璧なディフェンスでしのぐ。

その後も、攻め込みマッサがシュートを放つもゴールポストに直撃。

そのまま、得点ならずも2ー0で勝利!

得点に晴嵐絡む大活躍でした。



【準決勝】
富士見3-1岩根
得点者:ミズキ、マッサー2


先の亀山カップで、劇的勝利をおさめたチームとの戦い。負ける訳には行かない勝負。前半開始早々にチャンスも得点ならず、その後も攻め込むがなかなか得点に結びつかない、そんな中ディフェンスのすきをつかれて失点するもすかず、マッサが攻め込みシュート、キーパーがはじいたところをミズキがつめてゴール、1ー1で折り返す。
後半開始早々にマッサが一人で持ち込みキーパーをかわしてシュートを決める。
その後も、攻撃をゆるめる事なくシュートで終わるがなかなか決まらない。
ハヤトが一人で持ち込みシュート、キーパーがはじいたところをマッサが押し込み3点目そのまま、試合終了勝利です。


【決勝】
富士見1-1だいち
PK:2-3
得点者:マサノシン

前半開始早々相手のフリーキックをマッサが奪い先制ゴール。
中盤に相手に攻め込まれるも何とか、防ぐが一瞬のすきをつかれて失点。 1ー1で折り返す。


後半は、一進一退の攻防が続く中ミズキが攻め込み相手のファールを誘い良い位置からのフリーキックをハヤトが蹴るもポストの上に。


そのまま、終了でPK戦に突入。
お互い一人目が決めるも、二人目で外し相手に決められゲームセット。  
惜しい敗戦となりました。


全試合で得点に絡む活躍を見せた晴嵐メンバーでした。

残り2大会是非とも今日の様な動きを見せて、勝利を手にして欲しい。


寒い中ご指導下さった富士見Yコーチ、
線審、主審とご対応頂いたKコーチありがとうございました。
 
うたちち

3/2(土)6年 石山招待少年サッカー大会(石山さよならカップ)


予選リーグ20分1本勝負

1試合目

晴嵐0-2南郷


2試合目

晴嵐5-0綾野

得点者(ナスケン2、ハヤト2、マッサー)

Aリーグ4位で上位トーナメントへ(12分ハーフ)


3試合目

晴嵐5-1府中

得点者(マッサ3、タクミ、ミズキ)


4試合目

晴嵐0-2南郷

5試合目3位決定戦

晴嵐1-2富士松

得点者(マッサ)


結果4位

優秀選手はハルト!おめでとう  



Kコーチ、育成の皆様朝早くからお疲れ様でした。このメンバーで試合ができるのもあと3回となりましたね!子ども達の頑張りをしっかり目に焼きつけておきましょう☆




カト母


3/2(土)4年石山寺杯in瀬田南少


1試合目

晴嵐2ー1V瀬田

得点者:ユウキ1、リオ1


昼からの試合でみんな体が軽い感じでいい雰囲気の中試合スタート。


晴嵐が全体的に押しているなかユウキがスローインから来たボールをうまく押しこんで1点目。しばらく混戦が続くなか相手コーナーからの得点で同点に。



後半、晴嵐優勢のワンサイドゲームの展開の中、リオが1人飛び出し追加点。そのまま優勢の中2-1で試合終了。



2試合目
晴嵐0ー6瀬田北

因縁の?瀬田北との対決。
みんな気合い充分で挑んだものの終始瀬田北ペース。前半に、2点失点。



後半、気持ち入れ替えて挑むもやはりペースは瀬田北。チャンスは何度かあったがなかなか得点にはつなげられず、さらに4点の追加点を許してしまい無得点のまま試合終了。



3試合目
晴嵐5ー0V瀬田

得点者:ユウキ1、ソウマ2、コウノスケ1、オウンゴール1

本日の最終試合はV瀬田とのフレンドリーマッチ。
2試合終えて体もほぐれた晴嵐メンバー。終始良い動きを見せる。相手のオウンゴールも含めTOTAL5得点で勝利!



2勝1敗とはいえ、瀬田北とは力の差を少し感じてしまった試合となりました。しかし!これからの練習でその差を縮めていきましょう!!

暖かいとはいえ、花粉が沢山舞ってるなかNコーチ、ご指導ありがとうございました。育成のみなさんもお疲れ様でした。

ナベ母

【2/24(日)キッズサッカー開催レポート】

2/24(日)  キッズサッカースクール開催!

少しずつ寒さが緩んできた穏やかな晴天の日曜日、今年二度目のキッズサッカースクールが開催されました。2月にも関わらず、今回は史上最多の17名もの子供たちが集まってくれました。たくさんのご参加に感謝です!

サッカー未経験の子供もいるかもしれないので、まずはボールに慣れるためにボールを使っての遊びや手つなぎオニ、ドリブルの練習、ゴールに向かってゆのシュート練習などのメニューをこなしていきます。今回は人数が多いせいか、にぎやかで元気な子供が多く(女の子の参加者が多かったです!)、コーチに抱き付く男の子もいてコーチもまとめるのに一苦労です(笑)。

最後はみんなお待ちかねの大ゲーム! 今までは「ミニ」ゲームでしたが、おかげさまで最近は参加者が多いので「大」ゲームとなっております。キッズサッカー名物「ダンゴサッカー」が始まり、ボールを追いかけ回す子供達は本当に楽しそう! 今回印象的だったのは、ぶつかったりこけたりして泣いてる子供も、「ちょっと休もうか?」と聞くと「大丈夫、やる!」と言ってボールに向かって走り出す子が多かった事です。「万が一怪我でもさせてしまったら…」とハラハラしましたが、子供達の逞しさに救われました。

楽しい大ゲームもあっという間に終わり、最後の挨拶で「何が一番楽しかった?」というコーチからの問いに、「手つなぎオニ!」、「シュートするやつ!」、「ミニゲーム!だってわたし点取ったから!」と、元気いっぱい話してくれました。またみんなが来てくれるのを待ってるよ!


私事で恐縮ですが、一年生からサッカーを始めた私の息子も三年生になり、今でこそ楽しい仲間と練習や試合に明け暮れていますが、入部した当初は練習中に突然「お腹が痛い」と言ってトイレに行ったり、集中せずにキョロキョロしたり、コーチの話をちゃんと聞こうとせずに友達と話し始めたり…と、「ウチの子大丈夫かな?」と不安に思う時もありました。でも今では三年試合で先頭に立って声を出してチームを引っ張ってくれていて、運動会や体育の授業、学童保育での他の学校との交流会などでも、サッカーでの経験が自信になっているのか生き生きした表情で頑張っています。学校での授業以外に、どんな経験をするかが子供の心身の成長にはとても大切な事だと思っています。努力、礼儀、思いやり、挫折、感動…、挙げればキリがないですが、様々な事をスポーツ少年団での活動から学んでいます。出来るだけたくさんの方と同じ思いを共有したいと思い、日々サッカー部にて活動していますので、また気軽にキッズサッカーにお越しください。お待ちしています!


ゆうきちち

2/24(日)6年亀山カップ2018第7回6年生大会(瀬田北合同)(2日目)

寒い。6時集合。早い。。

夜明け前の出発、瀬田北さんと一緒に

3.4位トーナメント、茂賀山杯。


【一回戦】

晴嵐3-0高月

得点者:

  マッサー2

  タクミ

狭いコートに11人。ごちゃごちゃしてる。

最初のシュートは晴嵐。

密度が濃い分気持ちいいパスが通りにくい。

お互い決めてなく前半終了。

後半やや攻められる展開。

しかし、そこから一転、相手DFのもたつきを5番が競り、こぼれたボールをマッサーが持ち込み、DFとキーパーをかわしてゴール。続いてキーパーがこぼしたボールを再びマッサーゴール。その後も決定的チャンスを何度か作り、4番からの折り返しを、タクミ落ち着いて左足でゴール。快勝。これで4位以内確定。表彰式は16:45と、嬉しいやら悲しいやら、長い1日になりそうである。

反省してない反省会のあと、一目散に公園の遊具に向かう。おい、今試合してるの次の相手だけど、見ないのか?ほっといたろ。。と思っていたら瀬田北育成さんの促しで素直に観戦を始める。なんだか試合以外は三年以下の育成に来ている気分。お手数おかけしました。。

遊具に散っては、呼ばれたら帰ってくる。放牧か!?


【準決勝】

晴嵐0-0湖北

PK(0-2)


散々遊んだ後の準決勝。
かなり攻められる展開。コーナーを繰り返し与え徐々にゴールに迫られる。
相手ゴール裏でカメラを構えるが、なかなかこっちに来てくれないまま前半終了。
よく守った。

後半早々チャンス。サイドからキーパーとDFの間に早いグランダーパスがでるが、惜しくも飛び込んだクマちゃんのスライディング届かず。その後マッサーのミドルも正面。

シュートはこの1本のみで、後はひたすら耐える。繰り返しペナルティエリアからかき出す。必死に守って何とかPKに持ち込んだ。しかし、あっさり2人連続失敗して、敗戦。

よく耐えたけどなぁ。3位決定戦に。


【3位決定戦】

晴嵐1-2河西

得点者:マッサー


3位決定戦は、会場アナウンスとともに

日本代表アンセムに乗って入場。

ちゃんと一列になれないところが相変わらず惜しい。。

開始1分。中央からマッサー抜け出して先制!
そのまま攻める。悪くない展開。しかし追加出来ず後半へ。
後半、一進一退だったが、徐々に押され気味に。危ないシーンに中盤が耐えるが、ついにヘッドでこじ開けられた。
その後もスペースがないから蹴り合いになり、こぼれたボールをどっちが取るか、と言う展開。そしてキーパー飛び出してのクリアボールがクリアしきれず相手に渡り、思い切り蹴ったボールがそのままゴールイン。逆転を許す。何度か惜しいチャンスもあるが、なかなか1対1を勝ちきれない。そのまま試合終了。


敢闘賞でした。

優秀選手賞:ナスケン


Kコーチ、お疲れのところ早朝からありがとうございました。育成の皆さま、早朝暗いうちからお疲れ様でした。長い長い1日でしたね。。

まさのちち


2/23(土)安土老蘇カップ4年生大会(安土文芸の郷グラウンド)

冷たく強い風が容赦なく吹き付けるグラウンド、地面も滑りやすく踏ん張りが効きにくいあいにくの条件ですが、芝生が得意な(?)晴嵐は果たしてどう適応するか!?



第1試合    晴嵐0ー1竜王


序盤から両チーム互角の攻め合い、晴嵐の1stシュートはリオが放つが惜しくも枠の左! その後もゴールに迫るがご丁寧にキーパー正面を連発する晴嵐。 前半両チーム無得点で、後半は風上を味方につけて先制点を狙いたいが相変わらず一進一退の攻防戦、リオのコーナーキックからゴール前に詰めるソウマだがあと一歩届かず。そうこうしてるうちに終盤間際に攻める竜王のクロスのクリアが痛恨のオウンゴール! 必死に取り返そうと晴嵐も攻め続け、ゴール前からマイナスのパスをユウトが豪快にミドルシュートを放つが惜しくも枠の右へ…。残念ながら初戦を落としてしまいました。




第2試合    晴嵐4ー2金田

得点者  ソウマ×2、リオ、ハクト


15分のインターバルの後の連戦、お互いカウンターの応酬で晴嵐も金田もしのいで攻めての繰り返し。GKユウキも正面だろうが逆を突かれようがことごとく止めていたが抜け出した金田のFWに対し果敢に飛び出すもののかわされて先制点を許す。しかし、すかさずリオのコーナーキック→ゴール前のソウマの晴嵐の鉄板得点パターンで同点! 前半終了間際にもソウマがドリブルで持ち込んで逆転。



後半開始早々金田に同点に追い付かれ、アヤタが顔面にボールを受けて鼻血を出し負傷交代して嫌な流れになりかけたが、相手キーパーのゴールキックを狙っていたリオが胸トラップから落ち着いて強烈なシュートを決めて再びリード!  ダメ押しはゴール前のリオの折り返しをハクトが決めて本日初勝利を挙げました。



第3試合    晴嵐4ー1永源寺

得点者  リオ×2、ハクト、カズヒト


グループを一位通過するためにはこの試合出来るだけ大量得点して勝ちたいところ。すかさず相手ゴールキックをソウマがカットし、ハクトへ折り返して幸先よく先制ゴール! 徐々に押され気味になるがコウノスケが 入ったことで左サイドからの動きが活発化、コウノスケからリオにつないで追加点。後半もリオのシュートが弾かれたところへカズヒトが詰めて三点目。迷わず飛び出してナイスセーブを見せるGKユウキだが、クリアしたボールをカットされ一点返されるがリオがとどめのミドルシュートを決めて快勝! 竜王VS金田の結果、勝ち点6で三チームが並び、得失点差1の僅差で晴嵐がグループ一位通過を果たしました!





1・2位決定戦    晴嵐0ー4安土


決勝の相手は去年12/23の晴嵐杯で2対1で勝利しているとはいえ、晴嵐があと一歩で逃した井原杯県大会でベスト8の成績を残した安土。今の晴嵐の立ち位置を測るには絶好の相手です。序盤こそ互角の攻め合いでしたが徐々に押され始め、右サイド、左サイド、コーナーキック、カウンター、決定的なドフリーと安土が多彩に攻めますがGKユウキが再三の神がかりセーブ!  時折見せる晴嵐のカウンターもあと一歩及ばず、ついにコーナーキックから安土に先制点を許します。後半は安土もギアを上げて晴嵐も防戦一方、カウンター、オウンゴール、ゴールキックを狙われてと立て続けに三失点。井原杯ベスト8の安土に力負けし、惜しくも準優勝となりました…。




強風、寒さ、滑る地面…と厳しい条件でしたが、笠縫東・水口杯を優勝、ヴォンゴーレ杯を準優勝、今回も準優勝と、着実に力を付けてきていると思います。ただ、相手に振り切られたりマークの甘いディフェンスや、狙っているかのようにことごとくキーパーの正面に打ってしまうシュート、負けている時こそ真価を問われるチームワーク等々、まだまだ伸びる余地はあると思うよ。今日の安土や、なかなか勝てない瀬田北、石山などに勝たないと県大会は難しいという分かりやすい基準も出来た事やし、各自伸ばしたいところ、自信のあるところ、自信のないところなどを日々の練習でレベルアップしてより力を付けていこう!



優秀選手賞はGKで神セーブ連発のユウキが受賞。今日は何度その姿を頼もしく思った事か! GKで通算三個目の優秀選手賞、そろそろ観念してGKに目覚めてくれないかな?(笑)



Nコーチ、本日は強風吹き荒れる中、指導者に審判にお疲れ様でした。これからも上手く子供達を導いてやって下さい。育成の皆様も凍えるような寒さの中応援&遠征お疲れ様でした。


ユウキ父





2/23(土)6年亀山カップ2018第7回6年生大会(瀬田北合同)

今日は瀬田北さんと合同で11人制!広くなったコートで頑張れ晴嵐!


第1試合

晴嵐1-0岩根

得点者→瀬田北ケイ(アシスト→マッサ)


前半攻める晴嵐。だがなかなか決まらない。広いコートで体力消耗したのか後半は、やや押されぎみになる

後半終了間際マッサをバックから中盤へポジションチェンジ。それが功を奏し残り10秒を切ったところで、マッサが切り込みセンターリングに瀬田北2番(ケイ)が合わせてゴール‼と同時にホイッスルー!劇的勝利!


第2試合

晴嵐0-2桐原東


スピードのある相手にみんな必死に食らいつく。しかしゴールキックを相手に取られそのまま失点。なんとももったいない。

その後相手フリーキックがキレイに決まり2失点で試合終了


第3試合

晴嵐1-5亀山

得点者→マッサ


強豪チームに翻弄されながら必死に追いかける。後半マッサが隙をついて抜け出し、そのままドリブルでかけ上がり待望のゴール!すごい


Aグループ3位通過で明日に続く。。


Sコーチ審判にご指導ありがとうございました。育成のみなさんもお疲れ様でした。大きな公園で思う存分遊び回る子ども達、楽しそうでしたね。しっかりチームワークを深めていたので明日の試合に期待してます。




カト母