1/12(土)U12 第35回湖西ブロック杯少年サッカー大会in下阪本小

曇り空の寒い朝、新年最初の試合を迎える。

1試合目のJ-FORZAに勝てば、2回戦は12:10からのFC SETA戦。

負ければ13:30から本会場の最終試合となるフレンドリーマッチのFC SETA戦。

 

どちらもFC SETAとの対戦だが、寒さの中の待ち時間を考えると“絶対に負けられない戦いがそこにはある”のである(育成オヤジの勝手な心の叫びだが)。

 

ユニフォーム色被りのジャンケンをキャプテンハヤトが制し、幸先の良いスタートを切った。はずだったのだが・・・。

 


【1試合目】

晴嵐0-1 J-FORZA

 

キックオフ直後から押され気味の展開。初シュートも相手に許してしまう。

自陣での試合運びを余儀なくされ、トップに入ったハクトも守りに追われる。なんとか攻め込みたいが、前線へのパスは繋がらない!キーパーへのバックパスやディフェンスでの横パスばかり目立つが、相手もすかさず激しいプレスをかけてくる。

応援に駆け付けた育成ママからは何度も「あぶない!」「バックパスせんといて!」との声が上がる。そしてその不安は現実のものとなってしまう。

 


後半早々ディフェンスの横パスをカットされ、あっさり先制を許してしまう。

育成ママたちのサッカー眼を侮ることなかれである。その後も大きく展開が変わることなくそのまま敗戦が決定。

 


しつこいようだが13:30からのFC SETAとのフレンドリーマッチにまわることに。

 

【2試合目】

晴嵐1-3FC SETA

得点者:ハルト

 

寒さを吹き飛ばすほどの熱い試合を期待したこの試合も相手にボールを持たれる展開。

晴嵐も前線のソウマが走り回り相手ディフェンス陣にプレスをかけてくれている。ここを踏ん張ってなんとか先制点をと思っていたのだが、左サイド角度のないところからのシュートがキーパーにあたり先制ゴールを奪われる(ん?オウンゴール?)。

すると立て続けに危ない場面を迎える。そして2バックの間でなぜか、どフリーになっていた相手選手にパスが渡り2点目を奪われる。0-2でハーフタイムへ。

 


震える育成オヤジのなんとか晴嵐ゴールが見たいとの期待を背負い後半スタート。

若干のポジションチェンジ有り。キーパーユニフォームをソウマに譲りハルトがトップに入っている。

 


後半もスタートから押され気味。1試合目同様パスをカットされ、危ない場面が多くみられる。

寒さ故か判断もそしてパススピードも遅い。

ちょっと難しいかなと思っていたが、ハルトが前線で粘り、ディフェンスを泥臭くかわして、キーパーと1対1に。これを冷静に決めて、晴嵐待望の初得点。実にハルトらしいゴールである。

その後は一方的にシュートを打たれるがソウマも後半を1失点に抑えて、試合終了。

 

 

 

久しぶりだからか、寒さからなのか、どこか堅い印象の今日の晴嵐。卒団まであと2か月を切っている。残り試合も少ない。楽しみながらも悔いのない時間を過ごしてほしい。

 

気温が上がらず、震えがとまらない中でしたが、Sコーチ、指導に審判にお疲れさまでした。育成オヤジの皆さんも応援の育成ママたちもありがとうございました。そしてお疲れ様でした。育成もあと少しですが、今年もよろしくお願いいたします。

 

みずちち

スポンサーサイト

コメント