12/2(日)6年 田上カップin田上枝公園グランド

今日は晴嵐6年、以下の二手に分かれて参戦です。(試合数多いので長いですよ!)

 富士見:ナスケン、クマ、ハルト、マッサー

 田上:ハヤト、ウタ、タクミ、ミズキ

ところが、何と試合前の練習で、ウタが思い切り足を捻って転倒。そのままお父さんに担がれて病院へ。。田上には3人で参加。

そしてKコーチ、Hコーチとともに、予選リーグ4試合連続観戦です。


【富士見1-0唐崎】

得点者:マッサー


左ハーフのハルト以外は、ほぼいつものポジション。そのハルトがんがん攻める。最初のシュートはハルト。珍しい前線でイキイキプレー。

ダチョウ倶楽部の如く譲り合い、蹴ったマッサーのコーナー、ハルトがキレイに頭で合わせるが、寝癖の分だけコースがずれたか、惜しくもクロスバー直撃。

後半はハルトキーパーに。押され気味な展開になり、ナスケンの守備が光る。攻めあぐねていたが、ついにマッサーのロングシュートで均衡を破り、そのまま勝利。


【田上2-2速野】

晴嵐得点者なし


こちらもいつものポジションでスタート。前半早い時間に田上8番のミドルシュートで先制するもすぐ追いつかれる。

ハヤトがボール奪ってタクミに回し田上がシュートというキレイな展開も見られたが、1-1で折り返し。

後半ハヤト1人で持ち込みシュートの見せ場もあるが、そのあと一切晴嵐メンバーからまず、1点勝ち越し。しかしまたまたそのあと追いつかれ、2-2で終了。


【富士見0-4石山AS】

開始早々失点。

早くて正確なパス回しでグイグイ攻められる。攻撃はマッサーの抜け出しが2回のみ。

後半も基本富士見陣地に釘付け。センターラインから何度も押し戻され起点のマッサーにボールが来てもすごいスピードで3〜4人に囲まれて潰される辛い展開。そんな中2回は決定的チャンスがあったが、決められず。

見てる分には、今蹴れよー!と思うけど中々難しいんやろなぁ。

頑張って守って後半は1失点。ナスケン、大いに守備で貢献。


【田上4-2三雲】

得点者:ハヤト1田上3


開始早々得点。ごめん、車におにぎり取りに行ってて見てなかった。。ハヤトか?続いて本部テントの裏を通ってる間にもう1点。タクミか?(両方田上選手とのことで、見落とさなかった事に胸を撫で下ろす)。

今度は見てる時に3点目。これは晴嵐からまず。

後半ハヤトがキレイに持ち込んでトーキックでゴール。2失点しつつも、晴嵐は守備で貢献しながら、4-2で勝利。

田上-富士見の晴嵐対決を見たかったけれど、残念ながら田上1位、富士見2位で順位決定戦へ。


【3位決定戦】
富士見4-1三雲
得点者:マッサー3、クマ1


開始早々のマッサーのコーナーをハルト完璧に頭で合わすが、クロスバー上。
ボールカットしたマッサーが持ち込んで左足で先制。さらにエリア外正面のこぼれ球、マッサーフワリと浮かせて2点目。
この試合も左ハーフのハルトがどんどん上がる。

フリーでシュートを放った後、ヘディングでつないでキレイに決めたと思いきやオフサイド。これはキレイだったが。。前半思い切りあがった分、後半はまたもやハルトキーパー。

開始すぐ、早いグランダーにクマが走り込み、強烈ゴール!

逆襲にあい、混戦からシュートを打たれるが、かろうじてハルト横っ飛び。指先が触れ、ポストに救われるナイスセーブ。
その直後に混戦から抜け出し、マッサーハットトリック完成。このまま完封かと思いきや、完全なる連携ミスで失点。ハルトよ、完全にボールと相手にケツからいってたやん笑

(※「越中詩郎 ヒップアタック」で検索)

しかし安心して見ていられる展開で3位決定。

【田上1-4石山AS】
晴嵐得点者なし


開始早々ハヤト1人で持ち込む。しばらくは、相手ゴール前での展開で、自陣に帰ってこない。

見せ場もあるがら徐々に押し戻される。ハヤトもフル回転で守る。ウタがいないため、不慣れな田上キーパーも頑張るが前半3失点。坊主頭で背格好も似てるので、田上キーパーをウタと重ね、応援にも熱が入る。
後半も攻められるが、相手のシュートミス連発に救われる。一瞬の隙にハヤト抜け出した!が左足でミートできず。その直後、8番4番の連携でナイスシュート!1点返す。その後も攻める。ミズキがことごとくピンチの目を摘む。

何度か見せ場も作り、もう1点も期待したが、終了間際に完全に抜け出されて失点と同時にホイッスル。


●田上準優勝

●富士見3位

晴嵐のみんなも大活躍でした。

Kコーチ、Hコーチ、緊急応援のMコーチ、今日はいつもと違う応援席からでしたが、一日ありがとうございました。


まさのちち

スポンサーサイト

コメント