2/15(土)U11第14回 ヴォンゴーレカップ5年生大会 in瀬田小学校


祝!優勝☆



【第一試合】

晴嵐8ー0速野

ソウマ4点、ハクト1点、アツキ2点、コウノスケ1点



【第二試合】

晴嵐6ー2八幡

ソウマ3点、リオ2点、コウノスケ1点




【第三試合】

晴嵐0ー0富士見



【第四試合】

晴嵐3ー0ヴォンゴーレ

リオ1点、ハクト1点、コウノスケ1点



2月とは思えない暖かさと、お昼からは日差しも少し出てきた本日の試合、結果は見事に優勝!!

ほぼ全試合、晴嵐が攻めることが多く、みんなとても頑張っていました。

私個人の今日の優秀選手賞はキーパーユウキです。コートに響き渡る声が試合の士気をグッと上げていました☆



監督、Sコーチ、応援に来てくださったMoコーチ、本日もご指導有難うございました。育成、応援のみなさんもお疲れ様でした!閉会式後の子供達の笑顔いっぱいの写真、サイコーでしたね!


ナベ母

2/11(祝)4.5年 安土スーパーヒーローズカップ5年生大会@安土文芸の郷グランド


【第1試合】晴嵐 0  1 豊栄



強く冷たい風が吹き、地面も滑りやすく踏ん張りが効きにくいあいにくの条件の中、開始早々ソウマがゴール前までドリブルで駆け上がるが、惜しくもシュートならず

逆にボールをキープした相手チームの駆け上がりが早く、あっという間に先制を許してしまう。

その後も負けじと何度も攻めるシーンはあるものの、せっかくのシュートもバーに当たったり、PKのチャンスもキーパー正面でなかなか決まらず、前半終了。



後半も攻める姿勢はあるが、放つシュートはこれまたご丁寧にキーパー正面や枠の外ばかり

再三チャンスはあったものの、生かせぬまま試合終了。あと1歩が早ければ

しかし、朝一の試合からGKユウキの声がよく出ていて、見ていてとても気持ちが良かった。



【第2試合】晴嵐 4  0 金田

(リオ1、ソウマ1、ハクト2



この試合もGKユウキがよく声を出していた。

両チーム互角に攻め合う中、リオがゴール端にしっかり決めてまずは1点。

しかし、先制して少し気持ちが緩んだか、パスミスからゴール前をあけてしまい、ヒヤリとする場面も

その後、ソウマのシュートも決まり、1点。

相手も攻めてくるが、コウノスケ、カズヒトが体を張って守り、リードしたまま前半終了。



後半、アヤタとコウノスケが交代し、アヤタも体を張った守りを見せる。

ソウマのコーナーキックからゴール前のハクトにつながり、1点。

アツキもよく走り、果敢に狙うが、シュートは惜しくも外れてしまう

そんなアツキのセンタリングに合わせたハクトが落ち着いてシュートを決めてさらに1点。

もっと点が取れたような気がする試合展開だったが、いつもとは違うポジションの中、みんなよく頑張っていたように思う。



【第3試合】晴嵐 0  3 桐原



相変わらず冷たい風は吹くが、日差しは暖かくなってきた。

相手は木下杯県大会出場の強豪チーム。開始早々攻撃されるも、ユウキがしっかりセーブ。

しかし、なかなかボールを持たせてもらえず、パスもつながらず、しっかりと声を出している相手チームの早い攻撃に振り回され先制されてしまう。

負けじとリオ、ソウタがシュートを放つも惜しくも決まらず



後半、サイドにポジションを変えたカズヒトがゴール前まで持ち込み、シュートするもキーパー正面

だんだん攻める時間も増えてきて、ハクトはヘディングでゴールを狙うが、決まらない

ユウキが果敢に飛び出すものの、はじいたボールを取られてしまい、そのまま入れられてしまう。

その後タクマもゴール前を必死に守るが、さらに追加点を許してしまい、いいところがないまま終了。



3位決定戦】晴嵐 2  2 安土 (PK3-2

(カズヒト1、ソウマ1



去年の老蘇杯、同じ場所で決勝を戦ったチームとの3位決定戦。

前回は力負けしてしまい、惜しくも準優勝となったことを覚えているだろうか?


開始1分、前の試合と同じくサイドから駆け上がったカズヒトが、今度は落ち着いてループシュートを決めて先制!

その後も攻める時間が増え、GKユウキもよく声を出し、みんなの気持ちを強くする。

この試合もよく走り回っていたアツキからのパスをソウマが落ち着いて決めて1点追加。

アヤタもしっかりカバーして守りも堅かったが、ユウキが果敢に飛び出して空いてしまったゴール前に走りこまれ、ユウトも必死に追いかけたもののゴールされてしまう。



後半、コウノスケも倒されて、FKのチャンスとなるが、リオのシュートはゴールの上を超えていく

焦りが出たか、ゴール前でごちゃごちゃしているスキをつかれ、失点。同点に追いつかれてしまった

その後、最後まで攻め続けたものの、追加点を決められず、PK戦へ。

ハラハラする中、結果は3-2でなんとか3位となることができた。



今日の優秀選手賞はソウタ。よく頑張ったね。おめでとう!


Kコーチ、そしてご自身の試合後に駆けつけてくださったHコーチ、冷たい風の吹き荒れる中、ご指導、審判とありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。


育成の皆さんも、時折あたたかな日差しはあったものの、寒い一日でしたね。お疲れ様でした。

親子ともども風邪ひかないように気をつけましょうね!



tsuno

2/8(土)U-9石山寺杯@青山小学校

2/8(土) U-9石山寺杯@青山小学校


冷たい風が時折ある中、

3年生7名となっての初めての試合でした。

また2年ナオ、レイヤ、コウキ、1年リョウタと

共に11名で挑みました。

【第1試合】

晴嵐0−5石山(キーパ:リョウ)


ちょっと緊張気味のままハヤトの円陣で始まりました。

相手からボールを奪い、攻めたい気持ちが先走り、

一点集中しすぎる場面もあり、攻めより守り中心の試合展開に・・・

その中でも、相手と頭ひとつ分くらい差がある

2年レイヤとコウキも粘り強くくらいつくも

押し返されてた。

ハヤト、メイ、ユウヤ、アオイもゴールを守り攻めようとするが、なかなか相手のコートへボールを運べず焦りも見られた。


キーパリョウもバックから声をかけるも勢い止められずコーナーに2ゴール押し込まれて前半終了。

後半はリョウタ、ミウが元気よく加わり、

アオイとともにゴールめざすもゴール前で押さえ込まれた。

リョウタも押し倒されて転倒するも涙を拭いて

立ち上がり走り続けた。

後半、リョウが何度もナイスセーブするも

勢い止まらずコーナへ3ゴール押し込まれて終了した。


【第2試合】


晴嵐0−4瀬田北(キーパ:コウキ)


オフサイドについて全員で再度確認してからの

第2試合へ!

前半すぐアオイがサイドから走り込みシュートするもゴール横へ外れた。


逆に攻め込めこまれて、ハヤトも懸命に守るが靴が脱げるハプニングもあり

コーナーサイドへ1ゴール押し込まれて前半終了。


後半は、ユイカ、ミウ、リョウが

元気よく攻め込もうとしても囲まれてて奪われ

得点につながらず。

負けずとキーパのコウキがナイスキャッチでセーブが続き、ナオがセンターから攻め込んで得点を狙うも囲まれ得点ならず。


相手にボールを奪われると、キーパコウキの頭上へ

軽くゴールされてた。そのまま2ゴール。

レイヤ、コウキ、ユウヤも懸命に走るがとめきれず終了。


【第3試合】


晴嵐0−5V鹽

(キーパ:前半リョウタ→後半コウキ)


3年試合で果敢にも、キーパーは、1年リョウタで挑む!

前半はじまってメイ、ナオ、ユウヤがシュートのチャンスがあったが惜しくも外れる。


逆にボールを奪われると走り込まれて追いつかず

ゴールされる。カウンターシュート止めきれず。

5ゴールされて前半終了。


キーパ涙するも、キーパだけではなく全員で反省する機会となった。

後半は、キーパコウキに変わり、懸命に守りぬき

リョウ、ナオのシュートも何度かあったがキーパに止められて、得点につながらず、

失点なく後半終了となった。。




【第4試合】

晴嵐2−4青山(キーパー:リョウ)

得点:ナオ1、メイ1


最後の試合は、前回の“よみうりカップ“でボロ負けした青山戦!

リベンジマッチとして挑むため円陣も今日1番の

気合の入った大きな叫び声でSTART!

前半始まってすぐ、ナオがセンターからあがり

キーパ頭上へシュート!!やっと決まった!


相手にもすぐ切り替えされて、攻め込まれたが

リョウもシュートされるもしっかりセーブ!

続いて、メイもボールを奪いとると

そのままキーパ頭上へゴールした!

ユウヤからアオイへパスまわしも第1試合よりはスムーズに見えた。

コーナからナオがゴール前へロングパスするもメイ追いつかず、更にゴールの目の前にいたユウヤもあと一歩で押し込めなかった。惜しかった!

あれが息あって得点に繋がったら

更に自信もつき、強くなるんじゃないかな。。


リョウが何度かシュートをセーブするも

前半終了間際にサイドから押し込まれてシュートを

決められた。

前半2-1で初めてリードのまま終了でした⭐


おにぎり効果かもしれないけど

最後の試合になって、守って攻める動きがよく、

応援席も大興奮でした。


後半すぐ何度も攻め込まれるがリョウがナイスセーブを繰り返した。

一瞬、審判ジャッジの確認ができず、迷ってた隙にゴールへ押し込まれた。

後半は、相手に攻められてばかりで

止めきれず3ゴールされて終わった。



++++++++++++++++++++++++++++++

結果をみると今日は全敗で終了!

でも、この全敗の中でも前回ボロ負けした

青山から2点得点を先制!

決めたたときは、満面の笑顔で喜びあう子供たちの表情は印象深い。。


今日の悔し涙をバネに、

もっとこのメンバーでの練習が

必要なんだと、全員が感じとれたと思います。

一人一人が自分はどう動かないといけないか、

周囲をみて、どう声かけあっていけば

得点につなげられるのか、、

いっぱい考えさせられる日だったと思います。

やっぱり練習あるのみですね。


これからも相手にシュートされても下向かず、、

気持ちもすぐ切り替えて

挑む強い心ももってほしいです♪


駆けつけてきてくださった監督、Moコーチ、

根気よくご指導ありがとうございました。


育成、応援にきてくださったみなさま、、、

また違うグランドで試合対応中でも、

3年+2,1試合を気にかけてくださり

離れた場所からでも応援してくださっていた

4年5年の育成のみなさんも、

ありがとうございました。


ユウヤ母

2/9(日)4.5年 U12 第18回晴嵐ウィンターカップ@瀬田工業高校グランド

第1試合

晴嵐 1-1  瀬田北

得点      ソウマ 1



前半、晴嵐がボールを持つ時間が長く、リオからのパスでソウマが抜け出したりとチャンスを作るが、得点できない。

そんな中、逆に相手に得点を決められ、リードされて折り返す。

後半、ハクトのパスからソウマが抜け出して、ゴールし、同点に追いつく。

その後もソウマのパスに長い距離を走ったアツキが追い付き、シュートするなど、何回か得点チャンスがあるが、決められない。

逆に相手に攻められ、あわや失点のピンチはユウキがしっかり止める。

試合はこのまま同点で終了。

いつもより、大きいゴールでの試合なのに、シュートがなぜかキーパー正面に行ってしまう試合でした。



第2試合

晴嵐 3-3  栗東

得点  リオ  1

    ソウマ  1

    コウノスケ  1



前半開始早々、ソウマのパスがゴール前に抜けるが、ゴールを決められない。

この後、相手に攻められ、立て続けに失点。

このまま、崩れるかと思ったが、リオ・ソウマがゴールし、前半の間に同点に追いつく。

その後は、ユウト・カズヒトの2人を中心にしっかり守り、得点を許さず、ソウタ・ソウマもシュートするが、瀬田北戦と同様にキーパー正面で、同点で前半終了。


後半、ゴール前の競り合いから高く上がったボールをコウノスケがうまくシュートし、ゴール!

やっとリードする。

しかし、もう1点というところで、得点を許してしまう。

後半終了間際、リオがゴールキーパーと1対1になり、シュートするが、惜しくも枠外でこの試合も同点で試合終了。

3点取りましたが、この試合もシュートがキーパー正面をつくことが多く、その中の1本でも入っていればという試合でした。



第3試合

晴嵐  0-3  BOLT東山



予選リーグ2位で、フレンドリーマッチへ。

前半開始早々、両チームチャンスを迎えるが、どちらも決められない。

その後、攻められる時間が長くなり、立て続けに失点。

ただ、その後はユウトとアヤタの2バックの頑張りとユウキの思いきった飛び出しで得点を許さない。

晴嵐もソウマ・タクマのシュートなど、チャンスはあるが、この試合もキーパー正面をついてしまい、リードされたまま前半終了。


後半も攻められる時間が長く、何度か得点を決められそうになり、何とかしのぐが、失点してしまう。

晴嵐も何度も相手ゴールに迫るが、ゴールを奪えず、試合終了。

本日最後の試合で悔しい敗戦でした。



雪が降ったり、晴れたりと天気が目まぐるしく変わる厳しいコンディションの中、頑張りましたが、勝利することができませんでした。

この時期の6年生はかなり体が大きくなっていて、特に4年生は体格差にかなり苦しんだのではないかと思います。

実際、4年生だけでなく、5年生も簡単に弾き飛ばされる場面がありました。

ただ、そんな中でもしっかり立ち向かい、リードされてもそこで気持ちが折れずに同点にすることができたのは良かったのではないかなと思います。

欲を言えばキリがないですが、同点に追いつき、リードするチャンスが何回もあったので、決めきってほしかったのと、試合ごとの調子の波がもう少し小さくなってくれればと思いました。




監督、Nコーチ、Moコーチ、雪が降る厳しい寒さの中、ご指導ありがとうござました。

育成の皆さん、早朝身が凍るような寒さの中での準備からスタートし、1日お疲れ様でした。また、駐車場誘導にご協力いただいた皆さまも朝早くからありがとうございました。

まだ寒い日が続きますが、体調を崩さないよう頑張りましょう。


そうた父

2/8(土) 笠縫東サッカースクール4年生大会野村運動公園

2/8(土)  U-10笠縫東サッカースクール4年生大会@野村運動公園グラウンド


2月らしく冷たい風の吹き付けるグラウンド、今回は全員4年生で臨む笠縫東サッカースクール大会、井原杯県大会出場の意地に懸けて、目指すは一位通過だ!


第一戦  晴嵐3×0神照

得点   アツキ2  コウノスケ 1

序盤から攻め込む晴嵐、左サイドのタカシが粘ってゴール前のコウノスケにボールが渡り、ゴール正面からのシュートが決まって幸先良く晴嵐が先制! 左SBのユウキも落ち着いてボールをキープし、冷静に状況を見渡してチャンスメイク。GKタクマが抜かれても、CBアヤタが素早くカバー! アツキ、ライガの決定的なチャンスは惜しくも枠を外れるが、常に晴嵐優勢の試合展開。後半も攻めるがなかなか追加点が取れず、モヤモヤが募る中、再三飛ぶ監督の檄に発奮したのか、パスを受けたアツキが右サイドをドリブルで突破し、そのまま決めて待望の追加点!…と思ったのも束の間、今度は中央突破からドリブルで持ち込みすかさずアツキ今日二点目! もうちょっと点取りたかったなーという印象でしたが、まずは3対0で快勝でした!


第2戦  晴嵐1×1笠縫東

得点  コウノスケ


次の相手は、昨年12月のレザボア杯初戦でPK戦負けを喫した笠縫東。あの悔しさを忘れてはいないだろう、借りを返す時が来たぞ!

お互いボールを激しく奪い合う互角の展開、ハンドで得たFKをユウキがゴール前に放り込むが、惜しくもコウノスケはミート出来ず。田上戦、神照戦と徐々に積極的に撃ち始めてきたアヤタのロングシュート、「ロマン砲」がPA外から炸裂するが、惜しくもクロスバー直撃! しかし、ドリブルで上がったアツキの折り返しをコウノスケが決めて晴嵐先制! 後半開始早々、笠縫東に押される時間が続き、一本目のシュートはGKタクマが防いだが、続く二本目も止めたもののこぼれ球を詰められ、同点ゴールを許す。一位通過の為に勝ち越しゴールが欲しい晴嵐だったが、OケイスケのパスがアツキにつながるがDFに阻まれるなど、怒涛の攻めにも関わらずなかなかゴール前まで詰められない。結局、レザボア杯に続き一対一の引き分けに終わる。その後笠縫東が5対1で神照に勝ち、晴嵐は得失点差でD組二位となり、他の3グループは順当に井原杯県大会出場チームが一位通過を決める中、晴嵐だけは二位通過となってしまいました…。


フレンドリーマッチ15分一本  晴嵐2×0大宝

得点  コウノスケ、ライガ


急遽組まれたフレンドリーマッチ。この試合はフィールドのタクマが積極的にオーバーラップを仕掛け、ライガもゴール前で必死にボールに食らいつく! タカシがヒールでタクマにバックパスしてゴール前にクロスを上げるなど押し気味の中、パスを受けたコウノスケがドリブルで駆け上がってゴール右隅に冷静にゴール! その後もコウノスケが独走からシュートし、こぼれ球をライガが詰めて追加点。少しだけ溜飲の下がったフレンドリーマッチでした。


グループ二位対決 晴嵐0×1びわ


D組二位の晴嵐と、B組二位のびわの対戦。定位置のCBからポジションの上がったアヤタが積極的に攻め上がり、代わってCBのユウキからのロングフィードがアツキに渡るが、ゴールまであと少しが届かない! 試合中、接触で足を痛めたコウノスケに代わってケイタが入り、攻めの姿勢を見せますが、個々のキープ力で上回るびわが攻勢に転じ、大柄のDFのセンターサークルからのロングキックがゴールに吸い込まれ、びわに先制を許します。後半はユウキをFWに配して同点を目指し、左サイドでボールキープしながらチャンスを伺ってゴール前にクロスを上げますが、合わせたコウノスケのシュートは惜しくもクロスバーの上! 終了間際、PA内で倒されたユウキがPKを蹴りますが、これもゴールマウス右を直撃して万事休す。B組二位のびわに敗れてしまいました。


試合中、決定的なドフリーのシュートチャンスを外してしまい、ハーフタイムにベンチで人目もはばからず悔し涙を流したある部員。でも、その悔し涙を晴らせるのは、何より自分自身の「こんちくしょう!」っていう強い気持ちしかないんだよ。他のみんなも見てたやろ? 今は失敗したって思い通りにいかなくたって全然かまわない。大事なのは、「どうすればいいのか?」と自分で考え、「ここまでやったから大丈夫!」と自信が持てるまでやりきる事。その成長や成功の為に日々の失敗や悔し涙があると思う。その積み重ねの集大成を、どうか今年の木下杯で見せてくれ!


優秀選手賞は、何度も倒されながら献身的な守備でチームに貢献したHケイスケが初受賞! Maコーチによると、試合中に負傷でベンチに戻った部員に自ら率先して治療に当たったり、また、本部への整列でもネックウォーマーや手袋をしたままの部員に外すように促したり…と、グラウンド外でのチームへの貢献も評価しての事だそうです。サッカー部とはいえ、ただサッカーだけが出来れば良いわけではない、むしろそういった、「気付いて率先できる観察力と行動力」が人として大事だということを教えられました。4年生だけではなく、全ての部員に見習って欲しい事だと思います。


監督、Maコーチ、風の吹く寒空の下、熱いご指導ありがとうございました。井原杯県大会での健闘以降、どうも4年生のパフォーマンスが低下してる気がしないでもないですが、またビシッと気を引き締めて下さるようご指導宜しくお願いします。育成の方々も寒い中お疲れ様でした。


ユウキ父

1/25(土)U12 ロング杯@大石緑地公園G

月日が過ぎるのは早いもので、気がつけばもう1月も終わり…。あどけない顔を残しつつ、この一年でたくましく成長した子どもたち。今日も元気なプレーに期待して応援しましょう!


【第1試合】

晴嵐0―2田上



今日はいつもと違うポジションです。どんな感じになるのか、応援陣もワクワクドキドキです。

ユウトが後ろからリオにパス。いい流れからスタートしましたが得点にはつながらず。ユウキがゴールから指示を出します。自陣コートでのプレーが多い。「ユウキ、頼む!」願いが通じたのかナイスセーブ連発!!

さぁ、晴嵐も攻めよう!

アツキが俊足を生かし相手ゴール前に何度も走ります。しかし、相手DFの厚い壁をなかなか抜けることができません。体格差のある相手に五角に戦い0―0で前半終了。後半、疲れている顔が目立つ晴嵐。試合が進むにつれ集中が途切れ始め、1失点。立て続けにまた1失点。いつものパターンにならないように、ここは丁寧にいこう。力を振り絞って最後まで走りましたが残念ながら黒星スタートです。


【第2試合】

晴嵐0―4石山



相手は、「中山スポーツ杯」で6点取られて負けた石山です。今日は絶対勝つ!気合いの入ったかけ声で始まりました。いい流れはあるものの、シュートまではいかない。コーナーキックから入れられて立て続けに3失点。タクマが粘ってボールを奪いますが、ゴールは遠い…。ユウキが前に飛び出しキーパー不在に…

ソウタが戻りナイスカバー。石山のパス回しが早く、左右に振られDFゾーンががら空きのところをつかれて1失点。みんな、必死で走りますが終始石山ペースでした。



【第3試合】

晴嵐0―6V瀬田



0―6で負けてしまいましたが、キャプテンソウマが合流し、みんなの顔から緊張がとけた試合でした。

キーパー、タクマに交代。ユウキが果敢に攻めます。タクマが前に飛び出して止めるも、はじいたボールを相手が空かさず奪い、キーパー不在の晴嵐ゴールを狙います。タクマも素早く立ち上がり、自らボールを奪い返す。「晴嵐のゴールはオレが守る!」タクマの熱い気持ちが、ピンチを切り抜いてくれました。

失点が続くなか、チャンス到来。ユウト、リオ、フリー!ユウトからリオにパスが通れば…と期待を膨らませましたが、まさかの審判の足に直撃…。徐々に下を向き始める子どもたち。声だして、上向いて頑張ろう!

ゴール前のユウキ。あれ?キーパーユウキ?いやいや、キーパーはタクマのはず。ユウキ、手が出そうなところを我慢して体でゴールを守る。ソウマのシュートはポスト外。この試合唯一のシュートでした。



今日は残念ながら勝つことは出来ませんでしたが、いつもと違うポジションをすることで学んだこともあるのではないでしょうか。試合に負けたら悔しい…それは誰だって同じ。大事なのは、「悔しい」だけで終わるのではなく、そこから「どうしたら勝てるんだろう」と考え行動すること。指導者から、親から言われるだけでなく、自分たちで「こうしたらいいかな?」って話してごらん。これからもずっと一緒に戦う仲間なんだから。サッカーは仲間とするスボーツなんだよ。今日経験したことが次に活かせますように…。今度は笑顔で終われますように…。


監督、Sコーチ、Kコーチ、寒い中、審判、ご指導とありがとうございました。

育成のみなさん、設営など朝早くから準備お疲れ様でした。これからも子どもたちを精一杯応援していきましょう!


YU母

1/26(日) 4年石山寺杯@瀬田南小学校

当初雨予報だった為、体調管理など心配していましたが、曇り空の暖かい1日になりました。
一致団結がんばろう!!

第1試合 晴嵐vs青山
晴嵐  3  -  2  青山
得点者:コウノスケ2点、アツキ1点

遅い立ち上がり。どんよりとした天気と同じく重い足取り。
先週あんなにすばらしい試合を見せてくれたのと同じチームか?
第1試合に弱いのは前からだが、今日はいつもにまして立ち上がりが悪い。
再三のピンチをアヤタとタクマに救われる。
しかしカウンターの攻撃に、ディフェンスが間に合わず先制点を取られる。
嫌な雰囲気。このままズルズルと点を取られてはいけない!
前半終了1分前、ゴール前の混戦からコウノスケが押し込みゴール!
なんとか踏みとどまる。

さあ、後半は主導権を握りたい。
なんて考えているうちに、今度は相手に押し込まれる。
なんともぐだぐだのうちに、取られた1点だった。
しかし、この後コウノスケの攻撃をキッカケに流れを変える。
1人抜け出し、きっちり決めた!
これで同点。振り出しに戻した。
コウノスケは2度、3度と抜け出したが、さすがに同じ手は通用しないか。
相手に阻まれたが、攻める姿勢が素晴らしかった。
同点のまま、時間が過ぎていく。
試合の流れは五分五分。
どちらが勝ってもおかしくはない。
キーパーのこぼれ球をゴール前に詰めていたアツキが決めて、これが決勝点となった。
なんとかギリギリ勝利することができた。


第2試合 晴嵐vs瀬田北
晴嵐   1  -  2  瀬田北
得点者:ライガ1点

布陣を見てびっくり! キーパー アヤタ!!
それ以外も、いつもにない布陣。
ポジショニングに戸惑っている間に、いきなりピンチに。
アヤタが、セービングの為に倒れ込んだところにゴールを決められる。
そんな中でも、久々のピッチにタクマ、生き生きと走る。
アヤタ、徐々にキーパーの動きに対応してきた。
前半終了には、体を張ったセービングも見られた。

まだ1点。すぐに追いつくことはできる。
後半、キーパーはコウノスケ。
後から聞いたところ、この試合のキーパーは挙手制だったらしい。
早い展開。攻守は刻々と変わる。
ポジションの違いにまだ違和感を感じつつ、懸命に頑張る8人。
今日の試合は、前の試合もゴール前で混戦になることが多く、そこからカウンターというシーンが何度もあった。
今度はライガが1人抜け出し、冷静に決めた!
喜びもつかぬ間、次々と攻め込まれる。
全員でよく防いだが、今度はカウンターを止めきれずに追加点を許した。


終わってみれば1勝1敗。
高学年になればなるほど、ポジションは固定化され、こんな試合を見ることはできないだろう。
他のポジションに入ることで、違う視点で見るということに気付いてくれると良いが。

Nコーチ、いつもご指導ありがとうございます。
もう5年生になるというのに、相変わらずの子供たちですが、これからもよろしくお願いします。
育成の皆さん、応援に、お手伝いに、ご協力ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします!

ケタ母





1月19日(日)三年以下練習&TM@田上枝グランド

1/19(日)3年以上練習&TM@田上枝グランド



1月とは思えない程の晴れ渡る空!暖かい風!絶好のスポーツ日和の中気合い十分だったのですが…

〈第一試合 合同Aチームvs合同Bチーム〉
A:ハヤト.ユウヤ.ユイカ.ナオヒト.コウキ.ヒナタ+田上2人
B:リョウ.ミウ.メイ.レイヤ.リョウタ.ショウタ+田上2人

合同A 5−2 合同B
得点者 ナオヒト2 ハヤト2 オウン1
   メイ1 リョウ1
キーパー ショウタ

田上3年生が4・5年試合に出ていたため急遽第一試合から晴嵐5人+田上2人の合同チームでの試合。昨年の大石小との合同チームの経験を生かしスムーズな試合運びでした。
前半ナオヒト ユウヤ コウキの怒濤のシュートに対しBチームのディフェンスとキーパー ショウタのキャッチでしのいでいたが、攻め続けるナオヒトのシュートが2分と8分に入る。後半に入っても流れはAチームのままハヤトが2回キレイにシュートを決め、途中オウンもあったが、試合終盤メイとリョウがカットから自身でシュートにもっていき2点を返し試合終了。



〈第二試合 晴嵐3年以下vs田上3年以下 〉

晴嵐4−1田上
得点者 メイ1 ナオヒト3
キーパー リョウ コウキ

田上の3年生も戻ってディフェンスが堅かったのだがカットされてもブロックされても諦めずに前へ前への姿勢でメイが1点をもぎ取る、それに続けとレイヤのカットから全員でチャンス作り、たてつづけにナオヒトが3得点をあげる。
後半はメンバー総入れ換え。始まってすぐに田上に得点を奪われ流れが変わってしまうかと心配するも、ユイカ リョウタ ヒナタがディフェンスをがんばりカウンターで速攻されてもコウキがきっちりブロック。ミウも何度もシュートにチャレンジ!得点には結びつかなかったが終始パスをまわして皆でシュートにまで繋げられていた雰囲気のよい試合だった。


〈第三試合 晴嵐A vs晴嵐B〉
A:ハヤト.ミウ.メイ.コウキ.ヒナタ.ショウタ
B:リョウ.ユウヤ.ユイカ.ナオヒト.レイヤ.リョウタ

A 1−3 B
得点者 メイ1 ナオヒト3
キーパー ヒナタ ユウヤ

晴嵐同士のミニゲームという事で和やかな雰囲気で前の二試合よりもよく声が出ていたように思う。リョウ ナオヒトの度重なるシュートにハヤト ヒナタのブロックが光る見ごたえのある試合。


〈第四試合 晴嵐3年以下vs田上3年以下〉

晴嵐 0−1田上
キーパー コウキ リョウ

大事にパスを回していくがなかなか自陣 にまで持っていくことが出来ず田上の攻撃シーンが多くなるが、リョウ ユイカ レイヤが相手の攻撃を抑えコウキが守りやすい状態をつくっていた。しかし5分田上のゴールキックからの流れるような速攻でシュートを決められてしまう。
後半は逆に自陣で攻める場面が多くハヤト ユウヤ ナオヒトを筆頭に必死にチャンスを狙うがシュートがポストにあたる惜しい転回がありつつもネットは揺らせず。


〈第五試合 PK戦 晴嵐3年以下vs田上3年以下〉

晴嵐 3−0 田上
得点者 ナオヒト メイ ユウヤ
キーパー リョウ

PK戦だけの試合は初めて見たのだけれど1人が決めるにつれ、リョウがセーブするにつれ選手から大きな歓声があがりチームの仲のよい姿がみれて楽しかったです。

〈第六試合 フルコート15分1本 晴嵐3年以下vs田上3年以下〉

晴嵐 0−1 田上
キーパー コウキ

3年以下今日のメインイベント! 8人制フルコートでの試合。序盤こそ晴嵐も田上もフルコートの広さに慣れずだんごになりがちだったが、取ったり取られたり顔を真っ赤にしながら全力で走り自陣に進めていく姿が素敵でした。が、8分田上のカウンターシュートが決まってしまう。選手を交代しながら何度もシュートを狙うが田上のブロックは硬くそのまま試合終了。敗けはしたが昨年11月にしたよみうりサッカー大会の時より最後まで諦めない心も走りきる体力も成長が見られた試合だった。


Sコーチ、Moコーチ寒い中ご指導ありがとうございました。育成の皆さん、応援の皆さんたくさんの声援ありがとうございました。    
ミーショウ母


1/19(日) U10石山寺杯、U12TM@田上枝G


今日は選挙でグランドが使えないため、

田上さんのご協力により、田上枝グランドで、

一日こってり練習試合&石山寺杯です。


\架鬘看 3-0  田上4年(石山寺杯

得点者:タカシ、コウノスケ、アツキ



前半タカシ先制ゴール!

後半コウノスケループで追加点

コウノスケからのスルーパスをアツキ1

得点は以上だが、内容的には67点取っていてもおかしくないほどフリーのチャンスに恵まれた展開だった。


昨日のビッグレイク、

選ばれた者だけしかいない環境と最高のコート、

スタンドからの大声援に囲まれて

最高の相手と、最高に熱い試合が出来たやろ?

あの場所に必ずもう一度戻らないと。

その為には、今日の様な事を繰り返していてはダメ。

決めれる所を確実に決めないと、

最後に絶対泣く事になる。

その為にも普段のシュート練習、本当に大切に。

そのキックが勝負を決める一本だ、

という意識をもってやっていこう。

まずは春の選手権目指すのだ!



∪架鬘鞠 3-1   田上6年

得点者:リオ2、ソウマ1


さすがにこの時期の6年試合になると、

春よりも皆大きくなっているので体格差が際立つ。

しかし、そんなの関係ねー、の精神で試合に臨んでいるはずだ。

前半0-0。後半早々に先制を許す。

粘ってリオが同点ゴールのあと、終盤は晴嵐の時間。ぎこちないがワンツーも決まり始め、攻めまくる。惜しいシュートが続くが、さすがに6年相手だと、4年試合ほどの、どフリーの機会は少ない。しかしジリジリ攻めて、ようやくソウマが勝ち越し、最後にハクトからのキレイなスルーパスに抜け出したリオが押し込んでホイッスル。なかなか安定の展開。このまま春の選手権に向けて成長だ。

しかし、靴ひもはちゃんと結ぼう。




晴嵐4年 2-0 田上4年

得点者:コウノスケ、アツキ



ライガ、タカシ、Hケイスケ、ケイタ、慣れないポジションで奮闘し、前半0-0で折り返す。

後半コウノスケ、アツキが連続ゴール。2人とも、いつもよりワンテンポ早く打てていた。この調子でいこう。しかし、ケイスケ2人が縦に並んでいて、非常にややこしい。



だ架鬘鞠  1-0  田上6年

得点者:リオ



タクマのナイスポジショニングから、中央に出したボールをしっかりリオが収めてゴール。ディフェンス陣も、大きい相手にかなりの安定感。さすが5年試合、キレイな攻撃を見せるが、やはり、決められるところで決めないと。

そして、やはり、靴のひもはちゃんと結ぼう。


PK 戦 

晴嵐 9-11   田上

以下ありのままを。


ソウマ  左隅にナイスシュート 

ハクト  右隅、止められる

カズヒト 左隅にゴール

リオ   ゴール上に外れる

ソウタ  真ん中左にゴール

ユウト    正面でとめられる

ユウキ  真ん中に蹴り込む

タクマ  逆をついて左にゴール

コウノスケ反応されたが左隅ゴール

アツキ  やや正面

アヤタ  やや正面

Hケイスケ 左隅だがナイスキーパー

ライガ  反応されるが右隅ゴール

ケイタ  左隅ナイスシュート

タカシ  ちょっとダフったか

Oケイスケ ●力強く左上に


キーパーはユウキが前半3本のセーブで盛り上げる。

後半タクマは、6年ばかりが相手で殆ど反応するも力負け。だがこれは仕方ない。


最後は3年以下の大ゲームで可愛く締めました。

Sコーチ、Moコーチ、ちょっとした遠足の引率、

ご指導ありがとうございました。

育成の皆様もお疲れ様でした。


こうのちち

1/18(土) 井原正巳杯 決勝トーナメント 1日目

いよいよ、井原杯県大会が始まります。

初の県大会出場、ドキドキ・ワクワクが止まらない。

相手は昨年の優勝チーム。

強豪相手だが、ビッグレイクの素晴らしいピッチで楽しんでサッカーをしてきてほしい。

そして、悔いのない戦いをしてほしい。

いざ、出陣!


第1試合

晴嵐 1 ー 1 A.Z.R

 PK 1 ー 3


強豪アッズーロ相手にどう戦うのか。

立ち上がりは、やはりアッズーロが攻めてきた。FKにCK。たて続けに攻めてくる。

しかし晴嵐、落ち着いていた。

しっかり守り、その後は晴嵐ペースへと変わる。

開始5分、ユウキのFKが相手に当たり、そのままコロコロとゴールへ。

入った!先制点だ!

結果としてはオウンゴールだったが、ユウキのFKはいいキックだったし、ゴール前に転がったボールにナオは反応し、押し込む寸前だった。

胸を張っていい先制点だ。

その後も晴嵐の攻撃は続く。

ユウキのFKからアツキの速攻。シュートは惜しくも外れたが、いい攻撃だ。

この調子で攻め続けてと願うが、相手も負けてはいない。前半中盤では相手のCKをコウノスケが頭でしのぐ。

そのコウノスケが今度は攻撃だ。ドリブルで相手を交わしシュート。惜しい、これまた枠の外だ。追加点ならず。

前半1ー0で折り返し。


後半は相手の攻撃が目を覚ます。

後半5分、自陣ゴール前で相手の猛攻撃にヒヤヒヤしたが、ディフェンスが踏ん張り、何とかしのぐ。

その後、立て続けにシュートを打たれるが、タクマのナイスキーパーで得点を許さない。

中盤はアヤタ・ユウキの守りが光った。相手ボールをクリアし、相手の思うようにはさせない。

このまま守り切れるか。

と思っていたが、後半12分、相手のシュートがタクマの頭上を越え、同点に追いつかれる。

残り時間はわずかだ、攻めろ!

何とか1点を!と願った終了間際のCKには合わせる事ができず、PK戦となった。

PKは1ー3となり、惜しくも初戦敗退となった。


監督をはじめ、全指導者のみな様、

日頃からのご指導、本当にありがとうございます。

初の県大会に出場することができ、本当に嬉しく思います。

今日は残念ながら、初戦敗退となりましたが、いい経験が出来たと前向きにとらえ、次へのステップにしていきたいと思います。


子供たち、今日の悔しさをバネに、高いところを目指し、頑張っていってほしいです。


育成のみな様、今日はハラハラ・ドキドキしましたが、無事に試合を終える事ができました。ありがとうございました。

これからも色々な事があると思いますが、協力し合いながら、子供たちのサポートをしていきましょう!


Kei-mom